正しい使い方

初めてコンタクトレンズをご使用になる方へ

1. 眼科医の検査・処方を必ず受けてからご使用ください

コンタクトレンズは【高度管理医療機器】です。目に直接入れて使用するものですので、初めて使用される方は必ず眼科医の検査・処方を受けることが大切です。視力を正しく矯正し、安全に使用するためにも目の形や健康状態を眼科医に確認することが必要です。ご自分の目にあったコンタクトレンズをお使いいただくためにも眼科医の検査・処方を受けてからお使いください。

レンズの度数を変更する場合も眼科医の検査・処方を受けてください

長い間使用していると近視が進行するなど、目にレンズが合わなくなることがあります。このような状態のままレンズを使用していると頭痛や肩こりの原因ともなります。度数を変更したい時など、異なるコンタクトレンズを使用する場合は眼科医の検査を受けてください。

2. 眼科医の行う検査・処方について

概ね次のような検査を行い、コンタクトレンズの使用者に適する処方を決定します。

  • 問診を行い、目の状態や病気の有無など
    コンタクトレンズの装用に適しているかをチェックします。
  • 矯正視力を検査し、レンズの度数を確認します。
  • 目の形(角膜のカーブ)を測定し、コンタクトレンズの
    カーブ(ベースカーブと言います)と合うか確認します。
  • 目の表面は涙で覆われているので、その涙の量などを測定します。
    ※極端に少ないと「ドライアイ」となり、コンタクトレンズの装用に向いていません。
  • コンタクトレンズを実際に装用し、視力やレンズの状態を確認します。
  • 眼科医の処方したレンズデータに基づいて、購入します。
  • 眼科医から指示された装用スケジュールに従って使用を開始します。

3. コンタクトレンズの付け方、はずし方

レンズを取り扱う前に

爪は短く切り、先端を丸くなめらかにしておきます。手や指を石鹸でよく洗い、石鹸が残らないようよくすすいでください。爪が長いとコンタクトレンズを傷つけることがあります。また、不潔な指で装着すると細菌汚染の原因となります。

付け方

  • レンズを利き手の人差し指の先にのせ、レンズをチェックします。
    ※手と指の水分をよくふき取っておくとレンズをつけやすくなります。
  • 同じ手の中指で下まぶたを開き、まばたきをしないようにしっかり引き下げます。
    ※この時まつげも一緒に押さえるとスムーズに開きます。
  • もう一方の手の中指(または人差し指)で上まぶたを開き、ふちをしっかり引き上げます。
    ※この時まつげも一緒に押さえるとスムーズに開きます。
  • 両目でまっすぐ前を見たまま、レンズを黒目の上に静かにのせます。
    ※この時決して黒目にレンズを押しつけないでください。目を傷つける場合があります。
  • レンズが黒目に正しくのっていることを確認し、ゆっくりと指を離します。
    ※この時急に指を離したり、強くまばたきをするとレンズがはずれる場合があります。
  • 2、3回軽くまばたきをします。

はずし方

  • 鏡をよく見て、レンズの位置を確認してから、黒目が上方に向くように鏡を見上げます。
  • 利き手の中指で下まぶたを軽く引き下げます。
  • そのままの状態で利き手の親指と人差し指でレンズを軽くつまみ、レンズをはずします。

4. 標準的な装用スケジュール

眼科医から指示された装用スケジュールを守り、少しずつ慣らしながらご使用ください。個人差もありますが、慣れるまでに1~2週間ほどかかります。標準的な装用スケジュールは、下記のとおりです。

※終日装用では、一般的に1日ソフトコンタクトレンズは10~14時間、カラーコンタクトレンスは8~10時間を目安とします。

5. コンタクトレンズをご使用になれない方

コンタクトレンズを使用できない、あるいは使用しない方がよい病気、環境があります。装用を開始する前に必ず眼科医に相談し、これらの病気の有無や環境について確認してください。なお、眼科医の指示や添付文書の指示を守ることができない方もコンタクトレンズの装用に適していません。

医学的禁忌

前眼部の急性および亜急性炎症・眼感染症・ぶどう膜炎・角膜知覚減退症・眼瞼異常・角膜上皮欠損・涙液分泌量の不足(ドライアイ)・レンズ装用に影響を与える程度のアレルギー疾患・その他眼科医が装用不適と判断した疾患。

生活習慣的禁忌

眼科医の指示に従うことができない場合・レンズを適切に使用できない場合・定期検査を受けられない場合・必要な衛生管理を行えない場合・極度に神経質でコンタクトレンズの装用に向かない場合。

生活環境的禁忌

常時、乾燥した生活環境にいる場合・粉塵、薬品などが目に入りやすい生活環境にいる場合。

その他

薬剤の服用または目薬の点眼など治療を行っている場合は、その治療に必要な生活環境を含め、眼科医にご相談ください。